子供の集中力を高める方法

子供の集中力を高める方法

小難しい理屈は必要ないです。


ただスマホやミュージックプレイヤーがあれば良い。

眠っている脳を覚醒させる音源のプロが作った音とは?

子供の勉強における集中力を高める方法とは

子供の集中力

子供は年齢にもよりますが若年層ですと集中力はなかなか保てないですよね。 年齢が上に行くごとに集中力もついていきます。

 

それは訓練なんです。

 

学校に行き、授業を受ける。 低学年は授業時間も少なく短い、徐々に慣らしていくからです。

 

だから低学年程度なら焦らず見守っていきましょう。

 

個人差もありますが、低学年から集中力が高かったら本当に凄いことです。 稀ともいえますので。

 

勉強のスケジュールノルマを決めて、紙に書いておくといいでしょう。

 

その時に早くノルマ達成したからって、もうちょっとこなそうとさせるのは、せっかくのゴールを伸ばされてしまう感覚を生じさせる可能性があります。

 

達成感をなかなか味わえないですし、やる気も半減させてしまうかも。早く終わったら好きなことさせればいいんです。例えばテレビでもゲームでも。

 

それをしたいが故に気合を入れて勉強するでしょう。せっかく気合入れて勉強してもノルマを伸ばされてしまっては楽しみのゲームやテレビも楽しめないと考えてしまいダラダラやってしまうでしょう。

 

広汎性発達障害

 

最近では広汎性発達障害(ADHD)というちょっとした個性?!が話題です。もともとその子にもっているもので、癖というものでしょう。

 

私の子供もそうですが、すごい集中力が高いなあと思うこともあるのですが、全くダメな事もあるんです。病気ではないのですが、病院で相談するのもいいかもしれません。

 

治療ではなく、矯正して、伸ばしていくという訓練です。だた、そのような診断を受ける子供が最近急上昇しているので、医療も神経質になっている感じがします。昔は落ち着きがないという程度の子供でも、今では発達障害という診断をされる、神経質的な世の中になったのかなぁと感じました。

 

でも不得意な部分がちょっとした障害によりできないというなら、障害であるため出来なくてあたりまえ、だったらどう伸ばすかを考える、発達障害の訓練は良いことです。

 

発達障害の集中することが苦手な子についてわかりやすく別ページにて喋っています。→多動性障害

 

集中力を持続させるための工夫

 

ページ冒頭でも書きましたが、多少でもこどもの集中力を上げたいとお思いならメリハリを付けさせることです。

 

正直申しまして、低学年ですと20分強が集中力の限界ともいえます。だから1時間、2時間机に向かっても真剣な時間は半分以下と言えますので、あえて15分で休憩させてみてはいかがでしょう。

 

15分後に休憩が出来ると思うと、お子さんもやる気が出てきますでしょう。この部分も冒頭で書いたとおり、勉強が終わったら遊べるという期待から頑張れるんですね。

 

短い時間で細かく区切っていくと結果的に得るものは大きいものです。

 

集中力を上げるのはその様な環境を整えていくことでしょう。

 

周りの音も気を使いましょう、特にテレビ。 気になって勉強どころではなくなるので、当然ですが回りも気をつける配慮を。


スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ
さまざまな方法