砂糖は脳の栄養?!

砂糖は脳の栄養?!

小難しい理屈は必要ないです。


ただスマホやミュージックプレイヤーがあれば良い。

眠っている脳を覚醒させる音源のプロが作った音とは?

砂糖と脳の関係

砂糖の取りすぎ注意

脳のエネルギー源はブドウ糖というのは周知の事実ですね。

 

砂糖は食べると瞬時にブドウ糖となり脳のエネルギーへと速やかに変わるという事です。

 

脳はブドウ糖しかエネルギーにしないんです。

 

勉強中や勉強後には速攻性のある砂糖を食べると脳の栄養になるよと言われているんです。

 

これは本当の話です。ブドウ糖しか脳の栄養とはなりません。

 

しかしです。ブドウ糖は砂糖だけからしか摂れないのでしょうか?答えは違います。ブドウ糖とはグルコースと言われていて、砂糖、果実、穀物などに含まれます。

 

砂糖は食べると急激に血糖値を上げます。しかし血糖値が少しの時間で元通りとなってしまいます。すい臓からインスリンが出て、血糖値を下げるためです。インスリンで血糖値が下がると、砂糖を摂る前より血糖値が下がると言われています。なので逆効果とも言えますね。

 

即効性はあるけど持続性がない。いや、一時だけが特徴です。

 

何事もそうですが、急激な変化というのは体にダメージが大きいです。

 

血糖値の急上昇、急下降の繰り返しは体に良くないんです。例えば急激な猛ダッシュをしたらいきなり眠る。これって体に悪いですよね。同じ理屈です。急激な血糖値の増加から急下降は想像するだけで体に良くないとわかります。

 

砂糖は確かに脳の栄養素ですが

 

今のご時世甘いものだらけです。スナック、チョコ、ジュースなど。子供はみなさんこういったものを好んで食べます。なのであえて砂糖を摂ろうなんて考える必要ありません。いや、むしろ砂糖を控えようと思ってください。

 

ご飯にだってパンにだってブドウ糖はたくさん含まれます。炭水化物は糖類なので、消化されるとブドウ糖になります。なので過剰の人がほとんどかと・・・・

 

理想は緩やかに血糖値が上がり、緩やかに下降するのがいいです。体に負担がかかりません。それには砂糖を避ける方が無難かと考えますし、そういった意見が多数です。

 

砂糖の取りすぎは肥満、ビタミンの欠乏によりイライラします。特にビタミンB1は神経系に必要な栄養。それを欠くとイライラ、キレるってことになります。砂糖の取りすぎでキレやすいというのは事実かと。

 

どうせ甘いものを食べるなら摂るなら

 

上白糖は栄養が無いです。なので吸収が早いので血糖値を急激に上げます。しかし栄養がたくさんある甘いものはそれら栄養分を分解するため、血糖値が急激に上がらないんです。穏やかに上がる。

 

それは黒砂糖、はちみつ、メープルシロップですね。人間の手をあまり加えていないため、栄養もあります。なので分解も時間がかかる。という事は吸収が穏やか。なので甘いものを摂りたいなら黒砂糖がいいです。

 

コーヒーに入れたいなら黒砂糖いかがですか?ホットケーキにはちみつ、メープルシロップ。紅茶にははちみつ。こんな演出をしたら評価あがりますよ。お母さんの。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ
さまざまな方法