集中リゲイン

集中リゲイン

小難しい理屈は必要ないです。


ただスマホやミュージックプレイヤーがあれば良い。

眠っている脳を覚醒させる音源のプロが作った音とは?

集中リゲイン

2種類のバージョンがあり、集中リゲイン、スーパー集中リゲイン200というのがあります。

 

違いは、集中成分であるテアニンの量が倍になったものがスーパーリゲイン200。

 

両者とも

 

  • カフェイン80mg
  • アルギニン1000mg

 

は同じ配分量。

 

テアニンが100mg(集中リゲイン)、200mg(スーパー集中リゲイン200)

 

手軽にコンビニで買えるのでココぞと言う時に買って飲んでみましょう。

 

ご自身で確認してみるのも敷居が低いためオススメ。

 

成分と集中の関係

 

集中リゲインでテアニンを前面に押し出していますけど、テアニンは緑茶に多く含まれるホッコリリラックス成分として有名です。リラックスと集中の関係ですが、イライラや不安があると集中なんて出来ませんよね。

 

なのでそういったイライラを抑えて、本来のやる気をスムーズに出していくのに一役かっている成分がテアニンです。

 

配合量100mgって少ないの?

 

基本的にテアニンの1日の推奨摂取量というのは決められていません。なので摂り過ぎや、足りないという基準もありません。しかし集中したい!という時は意識して摂取すると良いです。

 

テアニンの配合量ですが、集中リゲイン1本100mgですと、かなり効率的にテアニンを摂取出来ますね。緑茶だったら湯のみ茶碗10杯ほど飲むと100mg摂れると言われております。

 

さすがに10杯飲むとカフェインを多く摂り過ぎるので控えたほうがいいでしょう。ちなみにお茶1杯ですと30mg程度のカフェインなので10杯ですと300mgほどのカフェインを摂ったことに成ります。

 

さらにお茶10杯飲むと明らかにお腹がチャポンチャポンになりますし、非現実的です。たった1本の缶ジュース感覚の集中リゲインを飲むだけでお茶10杯分のテアニンを摂れるのだから効率的です。

 

集中リゲインのカフェイン量80mgですが、コーヒー1杯分程度なので適度な覚醒となり、良いと思いますよ。

 

アルギニン

 

アルギニンはカフェインの覚醒を増進させるというのです。なので入っているのか疑問ですが、これも良い成分です。さらにアルギニンは疲労回復に有用な栄養素。集中力持続にも寄与していると考えられます。

 

参考→マイナビニュース

 

まとめ

 

集中リゲインは
回復系、持続系のアルギニンが1gも入っており、さらにテアニンがお茶の10杯分、カフェインはコーヒー1杯相当と入っており、集中力を持ちたいココぞという時に1杯グビっと飲んでおきたい飲料です。

 

値段も安いのでぜひ。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ
さまざまな方法